神奈川でのアパート投資のメリットとデメリット

少子高齢化の影響で、全国的に人口が減少してきている傾向があります。少子高齢化は今後も続くと予想されており、人口に対してアパートなどの物件の数は多すぎる状態が続くので、不動産投資をする人は注意をしておくべきです。慎重に物件 […]

少子高齢化の影響で、全国的に人口が減少してきている傾向があります。少子高齢化は今後も続くと予想されており、人口に対してアパートなどの物件の数は多すぎる状態が続くので、不動産投資をする人は注意をしておくべきです。慎重に物件を選ばないと、将来的に需要がなくなってしまう可能性があるということが、デメリットの1つです。過去の成功例などを参考にすることはおすすめができますが、過去のデータは将来にそのままあてはまらないということには注意をしておきましょう。しかし、全国的に人口が減少していくとしても、神奈川県は比較的需要の高いエリアが多いので、将来にわたって需要があり続ける可能性も高いです。アパート投資のメリットの1つは、長期的に安定した収入が得られる可能性があるということです。

アパート投資のリスクを減らす方法

リスクを減らすための1つの方法が、不動産を一括で購入してしまうということです。ローンを組むことがないので、利息という経費が節約でき、ローンが返済できなくなるリスクをなくせます。しかし、レバレッジをかけることができるというメリットがなくなってしまうという問題もあります。例えば、1500万円の貯金しかない人は、そのままですと1500万円の物件しか購入できません。ローンを利用することで、持っている資金の5倍の7500万円の物件を購入することも可能になるでしょう。レバレッジをかけるというメリットを最大限に活用するためには、頭金をなるべく減らすことですが、それではリスクが上がってしまいます。レバレッジをかけつつ、リスクをできるだけ抑えるためのバランスを考えましょう。

将来にも需要があり続ける物件選び

10年後、20年後には、少子高齢化がさらに進行していて、人口の3人に1人は高齢者となっているという予想もあります。しかし、都心部などのエリアでは、需要がなくなるどころか、今よりも価値が上がるという予想もあります。神奈川県でも、人気のエリアがたくさんあるので、物件選びを成功させれば、10年後、20年後も契約者に困ることがないでしょう。将来も需要があり続ける物件を慎重に選ぶことが1つのポイントとなります。不動産投資では、売却のタイミングも重要になります。神奈川県で需要が高い物件を選び、安定した家賃収入を得続け、売る時には高値で売却をするということが、理想的なアパート経営です。売却のタイミングを考えるためには、定期的に不動産査定を受けてみるのが良いでしょう。