神奈川でアパートに投資する魅力としては、コストとリターンです。東京都心では地価が高すぎるので小規模集合住宅は効率が悪く大規模集合住宅であるマンションの方が強みはありますが、遠方になると地価も下がりアパートでも十分な収益を得ることができるようになります。また小規模集合住宅の場合には、建設費を抑えることができるのでマンションを建てるよりも初期費用を抑えることができ、また家賃設定を高くできる地域であれば短期間で回収が可能です。家賃が安いので入居者を確保しやすいメリットもあります。特に東京から離れすぎておらず、また県内の経済活動が活発な地域である東海道沿線であれば東京方面、横浜方面で働く人たちの住宅需要が高く、投じたお金に見合ったリターンを得ることが十分に可能です。

賃貸集合住宅の種類とメリットとデメリット

賃貸集合住宅の種類はさまざまです。建物の構造としては木造、軽量鉄骨、鉄筋コンクリートなどの違いがありますし、また戸数も4戸程度の小規模なものから100戸を超える大規模なものまでありますし、また階層も2階程度の低層から40階を超えるような超高層まであります。しかし、投資という観点から見ると堅牢な大規模な建物はあまりにも負担が大きく、個人が行えるものではありません。特に一部屋あたり数千万円規模になりますし、一棟の場合には億単位の資金が必要です。このためアパートなど小規模かつ建設コストの低い建物の方が利点はあります。小規模な場合にはリターンが少ないといったデメリットがありますが、同時にリスクも低いといえますし、また複数の部屋を提供するので、空室率を抑えられるといったメリットもあります。

神奈川県での投資するメリットは

神奈川県でアパートに投資するメリットとしては、コストが東京都心と比べて安いことです。東京都心周辺であれば地価が非常に高いのでそもそも小規模な集合住宅は効率が悪く、物件が少なめです。特に土地を取得して行うのであればマンションの方が収益率も良いといえます。しかし、都心から遠方になると地価も安くなるので小規模集合住宅でも十分に収益を得られる地域も増えてきます。もちろん離れすぎると需要が低下することになるため立地がポイントになります。この点で神奈川県は東京から遠くはなれているわけではなく、鉄道も道路も東京方面に通じており、そもそも県内での住宅需要が高く、小規模集合住宅でも失敗するリスクが低いメリットがありますし、特に鉄道沿線であれば利便性から人気があります。